カテゴリ:公益法人



2020年7月 · 2020/07/21
新型コロナウイルス感染症の拡大により、自転車を使用するビジネスパーソンが増加しているということです。 電車やバスといった公共交通機関では三密の状態になりやすく、感染リスクも高まることから、自転車を使用するほうが安全であるということが背景にあります。 近年は、自転車レンタルによるシェアサービスも増加しており、このようなサービスを使用する人も増えてきています。

2020年7月 · 2020/07/08
経済産業省から家賃支援給付金の申請要領が公表されました。 要件にあてはまる事業者及び個人の方は積極的に申し込まれるとよいと思います。

2020年6月 · 2020/06/07
2020年は新型コロナウイルス感染症の影響により、一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人、公益財団法人、そして社会福祉法人では理事会を決議の省略によって行った法人も多いと思います。 一方で、代表理事等は自己の職務の執行の状況の報告を行う必要がありますが、これは実際に理事会を開催して報告する必要があります。 そのため、今回、理事会を決議の省略によって行った法人は注意が必要です。

2020年5月 · 2020/05/30
一般財団法人、公益財団法人、社会福祉法人では、計算書類等については理事会と評議員会の承認を得る必要があります。 計算書類等の承認に係る理事会と評議員会の開催日は中14日以上あける必要があります。 一方、定時評議員会を決議の省略により行う場合は必ずしも中14日以上あける必要はありません。 今回はこの論点について理由とともに説明します。

2020年5月 · 2020/05/23
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、全都道府県に緊急事態宣言が発令されたことや海外からの入国規制が行われたことにより、日本経済に大きな影響が出ています。 そのため、中小企業の中には資金繰りが苦しくなっている会社も出てきています。 従って、資金繰りを悪化させないためにも、自社のキャッシュ・フロー構造を把握しておく必要があります。 今回は、収益と収入の相違について説明します。

2020年5月 · 2020/05/02
新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、一般社団法人、公益社団法人、一般財団法人、公益財団法人の理事会、そして社会福祉法人の理事会について、決議の省略による方法で行うことを考えられている法人が多くなっていると思います。 そこで、今回は理事会の決議の省略についての留意点について記載いたします。

2020年4月 · 2020/04/18
新型コロナウイルス感染症の拡大がなかなか収束しません。 この状況では3月決算の一般社団法人、公益社団法人、一般財団法人、公益財団法人、そして社会福祉法人の監事監査の実施にも影響が出てくる可能性が高くなってきました。 そこで、今回は監事監査が予定の時期に実施できなかった場合の対応策について記載します。

2020年4月 · 2020/04/11
新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、3月決算の一般財団法人及び公益財団法人の評議員会、社会福祉法人の評議員会の開催もどのようにすればよいか悩んでおられる法人が多くなってきていると思います。 そこで、今回は、評議員会の決議の省略についてその概要と留意点について記載しました。

2020年4月 · 2020/04/10
京都市のホームページで紹介されている補助金・助成金一覧の紹介です。

2020年4月 · 2020/04/04
経済産業省は法務省とともに令和2年4月2日付で「株主総会運営に係るQ&A 」を公表しました。 これによると、新型コロナウイルス感染拡大防止のために株主に出席を控えることを呼びかける、入場できる株主を制限する、事前登録制の採用などといった方策は可能ということです。 このQ&A は株式会社向けですが、公益法人や社会福祉法人にも参考となると思います。 とりわけ、一般社団法人、公益社団法人の社員総会の参考になると思いますので、その方策案を記載いたします。

さらに表示する