2020年2月 · 2020/02/21
公益法人の事業計画書等の提出について、提出書類、スケジュール、注意点について説明します。 「資金調達及び設備投資の見込みを記載した書類」も理事会の承認が必要ですが、これを失念するケースが多く見られますので注意が必要です。

2020年2月 · 2020/02/20
新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。 これは地域経済にも大きな影響を及ぼします。今後想定されるリスクとして、中国からの供給源が絶たれて売りたいのに売るものが手元にないというリスクがあります。そうなると、必然的に売上と利益の減少が生じ、資金繰りの悪化につながってしまいます。 中国依存度の高い企業は、今後の商品の確保と資金繰りに注意する必要があります。

2020年2月 · 2020/02/15
2月11日、プロ野球の南海・ロッテ・西武で選手として活躍し、南海・ヤクルト・阪神・楽天で監督も務めた野村克也氏が亡くなられました。 「体力・気力・知力。プロである以上、体力、気力はあって当然。プロは知力の勝負だ。」、「自分の限界を知れ」、「大事なのは努力の方向性と方法論」、「鈍感は最大の罪」など、勝負に臨むにあたって感銘を受けた言葉が多くあります。 本ブログでは、その言葉を紹介します。

2020年2月 · 2020/02/09
近年、粉飾決算が原因で倒産する企業が増加しているということです。 このようになると、金融機関は融資を回収できなくなる恐れも出てきます。 粉飾の手口は古典的な方法が多いようです。そのため、公認会計士であれば、粉飾を早期に発見できた可能性がありました。 金融機関は、融資先が粉飾で倒産してしまっては融資が回収できなくなる恐れがあり、大きな損失です。そこで、金融機関は公認会計士と連携し、会計のチェックを強化していく必要があります。

2020年2月 · 2020/02/01
NPB(一般社団法人日本野球機構)が、公益財団法人日本プロスポーツ協会から脱退しました。 公益財団法人日本プロスポーツ協会は、内閣総理大臣から公益認定法に基づく勧告を受けています。 勧告書によると、評議員会が開催されないなど、かなりずさんな運営が行われてきたようです。 本ブログでは、その詳細を解説します。

2020年1月 · 2020/01/29
残高確認の回答が監査法人に返ってきたとき、公認会計士は回答内容だけではなく、その他の点もチェックしています。その意外なチェック項目を説明します。

2020年1月 · 2020/01/21
社会福祉法人では、3月に開催される事業計画及び収支予算の承認に関する理事会と評議員会は同日開催することができるのでしょうか? 本ブログはその可否と同日開催を行うための方法を解説します。

2019年12月 · 2019/12/30
平成31年並びに令和元年における京都の森 智幸 公認会計士・税理士事務所からの年末のご挨拶です。 令和2年は、京都市の卸売業・小売業を中心にした働き方改革に伴う経理業務効率化支援、京都府及び滋賀県の社会福祉法人に対する会計監査対応を本格的に行ってまいります。

2019年12月 · 2019/12/21
京都市がいわゆる「高さ規制」を一部の地域で緩和することにしました。 その背景にある、京都特有の事情を説明します。

2019年12月 · 2019/12/14
近年、残高証明書の偽造事例が増加しています。本ブログでは不正を防止するために、残高証明書の偽造を防止する方法を紹介します。 また、残高証明書を入手する必要性についても記載します。

さらに表示する