『税務弘報』2021年11月号に寄稿しました
2021年10月 · 2021/10/09
『税務弘報』2021年11月号の特集記事「税務の失敗学」に寄稿しました。 今回は自分の税務の失敗の紹介と教訓を示すというものです。 実務の参考となりましたら幸いです。

補助金等の会計処理に関する留意点~公益法人
2021年9月 · 2021/09/26
公益法人が国又は地方公共団体等から補助金等を受け入れた場合、会計処理としては、その受入額を受取補助金等として指定正味財産増減の部に記載するのが原則です。 今回は、公益法人における補助金等の会計処理の注意点について説明します。

理事、監事及び評議員に係る外部人材の選任~公益法人
2021年9月 · 2021/09/20
内閣府では公益法人のガバナンス強化の1つとして、理事、監事及び評議員のうち、それぞれ、少なくとも1人については、法人外部の人材から選任することが有効であるという提言が行われています。 今回は、理事、監事及び評議員の外部人材の選任について説明します。

理事が退任後、監事に就任することの可否について~公益法人
2021年9月 · 2021/09/12
公益法人において、理事が退任後、すぐに監事に就任できるのでしょうか? 退任した理事が監事に就任することの可否を、会社法を参考にして説明します。

公益法人における利益相反取引の留意点
2021年9月 · 2021/09/05
公益法人においても利益相反取引については一定の規制が設けられています。 利益相反取引は、理事が法人の利益を犠牲にして自己又は第三者の利益を図るおそれが大きいため、理事会の監督が必要となります。

職員による着服事例と内部統制
2021年8月 · 2021/08/29
一般社団法人で職員による横領が発覚したというニュースが報じられました。 今回は職員による横領を防止するための内部統制の構築について説明します。

神姫バスがパンや青果物を運搬~貨客混載
2021年8月 · 2021/08/14
兵庫県を地盤とする神姫バスが、食パンや野菜などの青果物を貨客混載により運搬する事業を拡大しているということです。 貨客混載による運送側と依頼側のメリットを記載してみました。

敷金・保証金の会計処理に関する注意点~公益法人
2021年7月 · 2021/07/24
公益法人会計においても資産除去債務に関する会計基準は適用されます(FAQⅥ-4-②参照)。そのため、建物等を賃借契約している場合、原状回復が契約で要求されている場合は、原則として資産除去債務を計上する必要がありますが、実務上は敷金や保証金のうち回収が見込めない部分について費用処理する容認規定を適用することになると思います。このように、公益法人会計においても、資産除去債務に関する会計基準を適用することになるので、注意が必要です。

Web会議等を行ったときの議事録作成上の注意点~公益法人
2021年7月 · 2021/07/18
新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、理事会や評議員会をWeb会議、テレビ会議、電話会議で行われた公益法人も多いと思います。 もちろん、一定の要件をクリアすれば、Web会議、テレビ会議、電話会議の方法で理事会や評議員会を開催することも可能です。 しかし、Web会議、テレビ会議、電話会議の方法により理事会や評議員会を行った場合は、議事録の記述に注意する必要があります。

『税経通信』2021年8月号に寄稿しました
2021年7月 · 2021/07/12
『税経通信』(税務経理協会)2021年8月号の特集記事に寄稿しました。 特集Ⅰの中の「1 オフィス縮小・撤退時に忘れがちな税務・会計上の留意点」です。 新型コロナウイルス感染症の拡大後、テレワークを導入する企業が増え、それに伴いオフィスの使用頻度が減少しています。そのため、オフィスを縮小したり、撤退したりする企業も増えています。 今回は、このようなオフィスの縮小や撤退を行うときに注意すべき会計や税務の論点を解説いたしました。

さらに表示する